消費者金融でキャッシング!

消費者金融への過払い金について

消費者金融からお金を借りた場合は、利息が発生します。

 

10万円未満は年20%、10万円以上100万円未満は年18%、100万円以上は年15%の利息です。これは、利息制限法という法律で定められています。

 

しかし、消費者金融の場合はこの利率を超えた利息で貸し付けられていたこと非常に多いです。なぜなら、刑事罰には問われないからです。

 

利息制限法の他に出資法という法律があり、年29.2%を超えると刑事罰に問われると定めていました。

 

利息制限法の制限利率以上から出資法の制限利率以下の範囲の利息をグレーゾーン金利といいます。グレーゾーン金利によって、消費者金融に対して余計に払ってしまった利息が過払い金です。現在は出資法の制限利率は、利息制限法の制限利率まで引き下げられており、過去に払いすぎてしまった利息が問題となっています。

 

 

過払い金は、返還請求することが可能です。

 

弁護士や司法書士に依頼するのがよいとされています。個人で訴訟を起こして返還請求するのは、なかなか難しく、やはり専門知識や経験のある専門家に依頼した方が確実だからです。

 

ただ、専門家に依頼するとなれば、費用もかかります。過払い金返還請求によって戻ってくるお金とかかる費用、返還請求にかかる手間・時間をよく考えてから、返還請求を行いましょう。

 

 

 

ご希望に沿った、消費者金融を選べます!→詳細はこちらから