消費者金融でキャッシング!

消費者金融への過払い請求の基礎知識

現在は出資法の改正などにより、消費者金融から新規の借入で過払いが発生することはありませんが、平成22年6月18日以前はグレーゾーン金利が存在していたため、その時期の借入では過払いが発生していることがあります。

 

これに対して過払い請求を行うことができます。

 

過払い請求では、宣伝などでは借入が減らせるというメリットしか触れていませんが、デメリットもあるため請求タイミングには注意が必要です。

 

消費者金融からの借入を全て返済している場合、デメリットなく過払いを取り返すことができます。しかし、借入が残っている場合、債務整理を行う必要があります。これにより、例え借入残高を上回る過払いがあったとしても個人信用情報機関のブラックリストに登録されることになります。

 

そのため、返済に窮している状況でない限りは完済してから請求した方が良いです。

 

過払い請求には時効も存在します。請求対象となる消費者金融との最後の取引から10年間取引がない場合、権利を失います。

 

この時効について、返済完了からではなく、最後の取引であることが重要です。

 

例えば、1度完済してから10年以内に同じ消費者金融から借入を行った場合、実質的に時効が延長されることになるため、完済から10年以上経過していても請求可能になります。