消費者金融でキャッシング!

消費者金融など貸金業者の法律改正

消費者金融は貸金業者に分類され、貸金業法と呼ばれる法律に基づき運営を行っているのが特徴です。

 

この貸金業法と呼ばれる法律は、平成18年12月20日に公布が行われ、その4年後になる平成22年6月18日に完全施行され、法律改正が行われています。

 

 

法律改正では、従来消費者金融が適用していたグレーゾーン金利が廃止されています。

 

 

また、出資法の上限金利が利息制限法の上限金利に引き下げられたことで、グレーゾーン金利が廃止されたのです。

 

 

更に、多重債務者を減らす目的で総量規制が導入されています。

 

総量規制は、この法律改正の中では借りる側も貸す側も厳しい規制として制定されていると言う特徴が有ります。

 

 

しかし、総量規制が導入されたことで、消費者金融は年収の3分の1を超える貸付が禁じられましたので、多重債務になる人に対しての貸付を行わずに済むのです。

 

 

多重債務になれば返済が困難になりますので、当然消費者金融も債権の回収がし難くなります。

 

 

また、法律が改正されたことで、グレーゾーン金利による貸付での過剰利息が過払いで有ると言う事が認められ、過払い金の返還請求を行えるようになったと言うメリットが有ります。

 

 

 

因みに、過払い金には時効が有りますので、完済後10年以内に返還請求を行う必要が有ります。