消費者金融でキャッシング!

消費者金融と遅延利率について

お金を借りることで返済の義務と言うものが発生します。

 

返済には元金の返済と金利に応じた利息を加算して月々の返済期日に支払う事になります。

 

返済期日はお金を借りる金融機関により様々ですが、幾つかの金融機関からお金を借りていると、返済期日を過ぎてしまうと言ったことも起きます。

 

 

 

この場合は、遅延と言う形でペナルティが課せられるのですが、返済における遅延については損害金と言う形で、本来返済を行っているお金の他、別途で遅延損害金がひつようとなります。

 

 

遅延損害金は、遅延利率と呼ばれる金利が適用されることになります。

 

遅延利率は、通常の利率とは異なり、大半の場合が融資を受けている金利よりも高くなっているのが特徴です。

 

 

 

消費者金融などの場合は、利息制限法の上限金利でもある20.0%に設定をしている消費者金融が多いのが特徴です。

 

 

例えば、消費者金融から50万円のキャッシングを利用して、5日間遅延してしまい、遅延利率が20.0%の場合の遅延損害金は、50万円(借入残高)×20.0%÷365日×5日間となりますので、1370円の遅延損害金を返済金とは別に支払う事になるのです。

 

 

尚、遅延損害金は日割りで計算が行われる事になります。

 

 

そのため、遅延した日数が多くなるほど遅延損害金と言うペナルティは大きくなりますし、個人情報にも傷をつけてしまうので注意が必要なのです。

 

 

 

消費者金融でキャッシング@即日でお金を借りれる業者はズバリここ!    HOMEへ