消費者金融でキャッシング!

消費者金融の上限金利の引き下げ

消費者金融でお金を借りると利息が発生します。

 

消費者金融での貸し付けの際の利息は法律によって上限が定められています。利息制限法という法律があり消費者金融における上限金利は元本10万円未満の場合に年20%であり、10万円以上100万円未満の借り入れの場合は年18%、100万円以上の場合は年15%と決められてます。

 

しかし、かつては出資法という法律において、年利29.2%を超える場合には刑事罰を受けなければならないと定められていたため、数多くの消費者金融業者は上限金利を出資法の制限利率であると解釈し、利息制限法の制限利率以上で貸し付けをしていました。これをグレーゾーン金利といいます。

 

グレーゾーン金利による過払い金が社会的に問題になったため、平成19年12月19日に「改正貸金業規制法」が施行され、出資法の制限利率年29.2%は利息制限法の制限利率にまで引き下げられています。

 

これによって、大手消費者金融機関を中心に金利の引き下げが始まっています。たとえ数%の金利の引き下げだったとしても、毎月のことならば、長期的に見れば利息の支払いは大変大きな金額となります。
もし消費者金融の利用を考えているならば、積極的に金利の引き下げをしている業者を選びましょう。

 

 

 

消費者金融でキャッシング!   TOPへ戻る