消費者金融でキャッシング!

消費者金融と銀行の違いとは?

消費者金融と銀行の違いとは?

 

融資を受ける際、はたして消費者金融か銀行…どちらを利用するのか迷うことがあるものですが、知識として知っておきたいことは消費者金融と銀行では総量規制問題が絡んでくるのでその点の違いがあります。
消費者金融を主に使うのであれば、総量規制が適用される貸金業者なので申し込みをするときは融資額に制限があったり必要書類として収入証明が必須だったりします。
総量規制では年収の3分の1以上の借り入れをすることが出来ないように制限があるので、必ず自分の年収の3分の1以内の借り入れをすることになります。

 

これをどのようにして消費者金融が判断するのかと言うと、それは収入証明です。
源泉徴収や確定申告書などを提出することで申込者の年収がどのくらいあるのかをチェックされます。
これによって融資の法律に抵触していないかどうかを審査されます。

 

このように消費者金融と銀行では総量規制があるかどうかという大きな違いがあること、これによって融資を受けるときの条件が異なることを知っておくと良いです。
基本的に消費者金融はしっかりと収入証明を出すことができるなら、審査がかなり甘い会社も多いので、申込条件をクリアして申し込めばお金を借りやすい会社だと言えます。

 

 

 

即日融資も可能な消費者金融が便利です♪
消費者金融でキャッシング@即日でお金を借りれる業者はズバリここ!