消費者金融でキャッシング!

5年経過すると時効になる消費者金融とは

金銭の貸し借りの中で、完済していない残金がある状態でも返済から10年経過するとその債務は消滅します。

 

しかし、消費者金融でお金を借りた場合は少し異なります。

 

それは、消費者金融は貸金業になり、そこで融資してもらうことはお金でなく商品として扱われる為に商法が適応されるからです。

 

 

そのために、消費者金融では商行為によって生じた債権は、5年経過する事で時効が発生します。

 

これは、商売でお金を貸している業者全てに当てはまります。

 

ただし、例外もあり信用金庫の場合は5年経過ではなく、10年という期間になります。
こちらも参考に!>>消費者金融で借りたお金の時効

 

 

ここで注意したいのが銀行の場合は、扱いは消費者金融と同様に貸金業になります。

 

そして、これを成立させるために必要なことがあります。

 

ここで大事になるのが最後に返済した日が基準となり、この日から丸5年経過していることが条件です。

 

 

 

しかし、裁判所から、支払い催促、訴訟を追い立てられると期間が10年延長になります。

 

また、債権を無効にするためには、時効の援用を借り入れ先に認めてもらわないと成立しません。

 

弁護士事務所などでは無料相談の中で、適応されるのか調べてもらえます。

 

 

しかし、援用を確定してもらうには費用がかかります。

 

 

 

安心&最短で借りれる!→消費者金融でのキャッシングは審査と融資の早い会社を選ぼう