消費者金融でキャッシング!

個人事業主でも消費者金融のキャッシングが利用可能

消費者金融は総量規制が適用されることからも、年収の3分の1を超える貸付が禁じられています。

 

これは年収を持たない専業主婦はお金を借りることが出来ないと言う特徴が有るのです。年収がゼロになりますので、実質年収の3分の1もゼロになりますので、専業主婦はお金を借りることが出来ません。

 

所で、消費者金融では安定した収入が有り、年齢が20歳以上などであれば学生でもキャッシングが利用可能になっています。個人事業主場合については利用目的が例えば遊興費などであればキャッシングを使うことはできます。事業性を伴うお金と言うのは、事業資金などであり、キャッシングを利用する時の使途が事業性に係わる事でなければキャッシングの利用が可能になるわけです。

 

尚、個人事業主の場合も年収の3分の1を超える貸付を受けることが出来ませんが、高額の場合は年収を証明する書類を消費者金融に対して提出する必要が有ります。
サラリーマンなどの場合ですと、会社から年末に貰う源泉徴収票などで良いのですが、個人事業主の人の場合は源泉徴収票は有りませんので、税務署の署長の捺印がある確定申告書の写しなどが必要になると言う違いが有るのです。

 

 

 

即日融資でスグに借りれる!→消費者金融でのキャッシングは審査と融資の早い業者を選ぼう