消費者金融でキャッシング!

銀行系列の消費者金融について知ろう

今では複数ある消費者金融。その中で信頼性が高い銀行系列のものもあります。つまり、銀行の子会社となっているものです。日本には大手の消費者金融がいくつかありますが、多くは銀行の子会社となっています。

 

なぜこのようになったのかというと、銀行と消費者金融の間で利害が一致したからです。

 

貸金業法の改正や過払い金の返還請求によって、消費者金融は経営が悪化した時期がありました。ビジネスモデル自体は優れていたのですが、一時的な損失によって大きく利益が悪化したのです。

 

そのために、資金繰りが悪くなって経営破綻したものもあります。銀行としては、景気が悪化したことによって稼ぎにくくなったと言えるでしょう。金融として優れたビジネスモデルを持っているカードローンに参入を検討していた時期だったと言えるでしょう。こちらの消費者金融と銀行の違いについても参考に。

 

このようなときに貸金業法の改正や過払い請求が行われて、経営の体力が落ちた消費者金融を銀行が救うという形で、銀行系列のものが誕生したと言えるでしょう。現在では、このようにして救済された消費者金融は銀行がカードローンを提供するときの保証会社になっていることが多いです。完全に銀行に吸収合併されるのではなくて、銀行を窓口としてカードローンのサービスを提供しているような形になっているのです。

 

 

 

即日融資でスグに借りれる!→消費者金融でのキャッシングは審査と融資の早い業者を選ぼう