消費者金融でキャッシング!

消費者金融から借りたお金の時効について

お金を借りたら返すのが大原則ですが、お金の貸し借りにも時効はあります。親戚や友達の間で貸し借りがあった場合、10年経てば残額があっても返済する義務が消滅します。消費者金融での貸し借りの場合、それより短い5年で返済義務はなくなります。

 

しかし、時効はそのままにしていても成立はしないので援用を行う必要があります。援用というのは消費者金融に自分はもう払わないという意思表示をすることです。自分で内容証明などを送ってすることもできますが、弁護士や行政書士などの専門家にお願いしましょう。

 

ただし、最後に返済した日から5年がたてば時効となりますが、裁判所から支払いの催促があったり、訴訟などになると10年延長になります。また、消費者金融から連絡がきたりして残金の存在を認めてしまったり、一部を返済してしまったりすると、時効が中断してしまいます。

 

中断してしまうと、そこからまた5年またなくてはいけないので注意しましょう。

 

長期滞納していると、いわゆるブラックリストに載ってしまってローンが組めないなどの不便が生じます。お金を返さないことは良くないことかもしれませんが、援用を行えば信用情報も回復するので、まずは弁護士などに相談してみましょう。

 

 

 

即日融資でスグに借りれる!→消費者金融でのキャッシングは審査と融資の早い業者を選ぼう